有明キリスト教会ブログ--今週の聖書の言葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 『わたしたちも神殿をおろそかにしません』

<<   作成日時 : 2017/01/29 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2017年1月29日主の日礼拝式メッセージ要約

聖書   ネヘミヤ記第10章1〜40節
メッセージ 『わたしたちも神殿をおろそかにしません』
メッセンジャー 田中文人牧師

 エルサレム神殿の再建も、城壁の修復も終わり、御言葉(モーセの律法)に立ち帰り、悔い改めた民は、日常生活面でも、御心に適う歩みをはじめ直す決断をしました。今日の31節までに、誓約書に捺印した人たちの名簿が記されています。

 1.具体的な生活(32〜40節):32節以下が、民が立ち帰る決断をした掟に適う生活です。 1)異邦の民つまり偶像を拝む人たちとは結婚しないこと。(31節) 2)安息日と安息年を守ること(32節)=毎週の安息日(当時は土曜)には、物を売りに来ても買わない、七年の一度の安息年には、畑も休ませ、借金も免除する。 3)神殿税を納め、その献金は礼拝のために用いる。(33〜34節) 4)動物の献げ物を焼くための薪の納入(35節) 5)初物の献げもの(36〜37節)=主を第一にし、感謝する献げもの。 6)祭司のための献げ物=献げものを受け取った祭司たちもその10分の1を献げました。
 城壁の修復のためにも民は献品し労力も献げましたから、さらにこの掟に従う生活をしていくには、大きな犠牲が伴ったと思います。それでも民は、決断し、誓約しました。

 2.私たちにとっての神殿:私たちにとっての神殿もひとつは、キリスト教会といえます。もうひとつが、キリストの十字架の血によって買い戻された私たち自身です(Tコリント6章19〜20節)。

 3.私たちの決断:二千数百年前のイスラエルの民は、この様な誓約をしましたが、結局、これも守ることは出来ませんでした。
 いまの私たちには、これらの律法全部を実現してくださったイエス・キリストが差し出されています。ですから、イエスさまを「私の救い主」と信じるだけで、誰でも救いの恵みにあずかり、律法全部を行ったと見なされ、神様に受け入れていただけます。救われるのは、行いによらず、ただ信じるだけです。ですが、だからといってそれからのクリスチャン生活も救われる前と同じでよいということにはなりません。罪の赦しと永遠の命の約束をいただいたならば、その感謝の思いから、少しでも天国に迎え入れられる者に相応しく神の民の歩みを願い出たいものです。
 この機会に私たちも、今日の聖書箇所に沿って自分の生活を見直してみましょう。基準は、この世と妥協せず、神様を第一にすること、同じ様に隣人を心から愛すること、そして主の栄光を現わす生活です。そこに祝福があります。

 (参考聖書箇所:ローマ12章1〜2節、Tコリント6章19〜20節、〃10章31節)

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『わたしたちも神殿をおろそかにしません』  有明キリスト教会ブログ--今週の聖書の言葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる