有明キリスト教会ブログ--今週の聖書の言葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 『忍耐しながら伝道したパウロ』

<<   作成日時 : 2017/02/26 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2017年2月26日主の日礼拝式メッセージ要約
聖書   使徒言行録第24章1〜27節 
メッセージ 『忍耐しながら伝道したパウロ』
メッセンジャー 田中文人牧師

 計画(ヴィジョン)を実現していくとき、あるところで前に進まなくなることがあります。今日のパウロもその様な中にありました。

1.フェリクスの前で訴えられたパウロ:大祭司アナニヤは、長老数名と弁護士テルティロを連れてエルサレムからカイサリアに来ました。そして、総督フェリクスにパウロについて1)疫病(ペスト)の様な男であること、2)ナザレ人(イエス・キリスト)の分派の主謀者であること、3)神殿を汚そうとしたことを訴え出ました。

2.パウロの弁明:総督フェリクスから発言を促されたパウロは、喜んで(10節)上記3点について弁明をはじめました。1)については、エルサレムに帰って来て一週間しか経たないので、陰謀を企て、それを疫病のように広げることなど不可能であること。2)については、確かに自分は「ナザレ人の分派」と呼ばれているイエス・キリストを信じる者だが、旧約聖書全部を信じており、キリストの復活も信じ、自らの復活にも望みを抱いていること。3)については、神殿を汚すどころか何の問題も起きていなかったこと、自分を捕まえた者たちがここに来てそのことを話すべきであると述べました。

3.フェリクスの判断:これらを聞いた総督フェリクスは、千人隊長リシアが来るまで判決を先延ばしにしました(22節)。そしてパウロをそれまである程度の自由を与えたうえで留置しておくように命じました。フェリクスは、度々パウロを呼び出し、妻のドルシラと一緒に話しを聞きました。パウロからお金をもらう下心もあったからです。決局その様な日数は二年にも及びました。

4.パウロがしたこと:この様にパウロはカイサリアで2年間も足留めされることになりました。初めから「2年間」と決まっていたわけではありませんでしたから、パウロにとっては、いつまで続くのかわからない中で不安や心配もしながら過ごした年数だったはずです。
 その間にパウロがしたことが、フェリクスとドルシラ夫婦に福音を伝えることでした(24〜25節)。特に彼らは旧約聖書に反する結婚をしていましたからパウロは呼び出される度に、正義と節制について大胆に語りました。もちろん、その様な罪もキリストの十字架の血によって赦されること、復活を信じるならば、永遠の命の約束にもあずかれること等、キリストの愛についても語り続けたはずです。ですが、結局彼らは救いの恵みにを受け取る決心はしませんでした。それでもパウロにとってこの2年間は、忍耐を養うために大きく役立ちました。

5.私たちの信仰:私たちもヴィジョンがうまく進まなくなったときすることは、委ねられている働きに忠実に励むことです。神様は、ご計画に従って召された者たちを見捨てることはされません。「万事を益」にしてくださいます。そこに信頼しながら、忍耐強く主の栄光を現わす歩みに今週も遣わされましょう。

 (参考聖書箇所:ローマ5章1〜5節)

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『忍耐しながら伝道したパウロ』  有明キリスト教会ブログ--今週の聖書の言葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる