有明キリスト教会ブログ--今週の聖書の言葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 『確実に伝わっていった福音』

<<   作成日時 : 2017/03/26 15:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2017年3月26日主の日礼拝式メッセージ要約
聖書   使徒言行録(使徒の働き)第25章13〜27節 
メッセージ 『確実に伝わっていった福音』
メッセンジャー 田中文人牧師

 今日は、2016年度最後の主の日です。有明キリスト教会では、午後、この1年間の恵みを感謝し、2017年度を望み見る総会を開きます。
 教会にはいろいろな働きがありますが、すべては、救い主イエス・キリストを宣べ伝える「伝道」の業です。その視点で、今日の聖書箇所を読むと、確実にキリストの福音が世界に伝わり、広がっていったことがわかります。
 1.仕事に忠実だったフェストゥス:新しくカイサリアに着任したローマ総督フェストゥスは、前任者のフェリクスとは違い、仕事に忠実な人物でした。その一端が、挨拶に来たアグリッパ王とベルニケ夫妻がパウロに会うことを望んだとき、すぐ翌日に会う場を設けたところにも現わされています。またその会見の場で「囚人を護送するのに、その罪状を示さないのは理に合わないと、わたしには思われるからです。」(27節)と言っているところからも伺い知ることが出来ます。福音が広がっていくために神様は、この様な人物を総督に遣わされたといえます。
 2.確実に伝わったキリストの復活:ひとつは、福音の内容です。「パウロと言い争っている問題は、彼ら自身の宗教に関することと、死んでしまったイエスとかいう者のことです。このイエスが生きていると、パウロは主張しているのです。」(19節)。
 フェストゥス自身は信じていませんでしたが、パウロが伝え続けていた福音の核心=キリストの復活がユダヤ教の指導者たちとパウロとの争点であることを捕えていました。このことを通しても人々の間にキリストの復活のことが伝わることになりました。
 私たちが伝える福音も、イエス・キリストが復活された事実です。聞く人が信じても信じなくても、とにかくキリストが十字架で死なれてから三日目に死者の中から蘇られた歴史の事実を伝えましょう。
 3.確実にローマ人に伝わった福音:もうひとつは、アグリッパ王夫妻とパウロとの会見の場にローマの千人隊長等、主だった人物たちが呼ばれたことです。26章でパウロはこれらの人々にもキリストの福音を大胆に語ります。パウロはイエスさまご自身からローマでキリストを証しするヴィジョンが与えられていましたが、カイサリアにいる時から既にローマ人たちに福音を伝える機会を得ていたことになります。この様にして、キリストの福音は確実にローマに向かって伝わっていきました。
 4.フェストゥスの的外れ:上記の様にキリストの福音が伝わるために用いられたフェストゥスでしたが、パウロをどの様に扱うかという大問題を解決していくとき、大きく的を外していた点がありました。それが、エルサレムのユダヤ人たちからは話しを聞き、アグリッパ王にも相談しましたが、パウロ自身からは十分に聞かなかったところです。フィリピの看守の様に、「救われるためにはどうすべきでしょうか?(使徒16章30節)とパウロに尋ねていたならば、さらに的を射た課題の解決と救いに導かれたはずです。
 私たちが大問題に直面する時も、人々に相談する以上に神様に祈り、キリストの言葉である聖書によく聞きましょう。そこから聖霊なる神様が最前へと導いてくださいます。

(参考聖書箇所:ヨハネ20章31節、使徒1章8節、使徒16章31節、ローマ10章9〜15節、Uテモテ3章16節)

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『確実に伝わっていった福音』  有明キリスト教会ブログ--今週の聖書の言葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる