有明キリスト教会ブログ--今週の聖書の言葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 『罪を取り除かれたダビデ』

<<   作成日時 : 2017/05/21 14:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2017年5月21日主の日礼拝式メッセージ要約
聖書     サムエル記下第12章1〜15節 
メッセージ   『罪を取り除かれたダビデ』
メッセンジャー  田中文人牧師

 誰かから自分の失敗や罪を指摘された時、私たちはどの様に反応するでしょうか?

 1.他人の罪には敏感だったダビデ(1〜6節):バト・シェバと姦通し、その夫ウリヤを敵の手によって殺す罪を犯してから約一年後、ダビデのところに神様に遣わされた預言者ナタンが来て、例えを語りました。その話しは、「あるところに裕福な男と貧しい男がいた。裕福な男は多くの牛や羊を持っていた。貧しい男は自分で買った雌羊一匹しか持っておらず、娘の様に大切にしていた。ある日、裕福な男のところに来客があったが、この男は自分の家畜を惜しんだ。そして、貧しい男の雌羊を取り上げて料理し、客をもてなした。」
 ここまで聞いた時ダビデは、激怒し、「その様な慈悲のない男は死罪だ!」と言いました。そのうえ、旧約の律法を適用し、「貧しい男に四倍の償いもすべきだ!」ともナタンに言いました。私たちも人の失敗や罪には敏感でよく気付くのではないでしょうか?

 2.自分の罪を指摘されたダビデ(7〜12節):そこでナタンは、「その男はあなただ。」とダビデの罪を割り引くことなく、はっきりと指摘し始めます。預言者は、この様な厳しいことも告げなくてはならない時があります。
 ナタンは、これまでダビデが神様から大きく祝福されて来たことをサウル王から追われた時も守られ、約束通り王座にまで着かせてくださったことを挙げながら話して聞かせました。それから、ダビデが欲望にまかせてバト・シェバを奪ったこと、ウリヤを戦死させた大きな罪に気付かせていきました。

 3.罪を悔い改めて赦されたダビデ:自分の大きな罪に気付かされた時のダビデの態度はやはり信仰の人でした。彼は、「わたしは主に罪を犯した。」(13節)とすぐに認めて悔い改めました。これを聞いたナタンは、「その主があなたの罪を取り除かれる。あなたは死の罰を免れる。」とダビデの罪が赦されたことを告げました。
 ですが、それで罪の刈り取りをしなくてもよいということではありません。続けてナタンは、「しかし、このようなことをして主を甚だしく軽んじたのだから、生まれてくるあなたの子は必ず死ぬ。」とバト・シェバが産んだばかりの息子の死を告げました。

 4.少しでも御心に沿う歩みを:私たちも失敗したことや罪を犯してしまったことに気付かされた時には、速やかに認めて主の赦しを請いましょう。私たちには、イエス・キリストの十字架の血による赦しの道が差し出されています。自分を守ろうとするならば、新たに的を外すことになりかねません。神様は、私たちに永遠の命を与え、ご自分のところに迎えようと招いてくださっています。この主の愛に感謝し、示された的外れ(罪)は悔い改めて十字架の血による赦しをいただきましょう。今週も少しでも御心に沿う歩みを願い、主の栄光を現わす歩みに遣わされましょう。

 (参考聖書箇所:出エジプト22章1節、マタイ7章7節、ガラテヤ6章7〜10節)

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『罪を取り除かれたダビデ』  有明キリスト教会ブログ--今週の聖書の言葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる