有明キリスト教会ブログ--今週の聖書の言葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 『罪の結果』

<<   作成日時 : 2017/07/16 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2017年7月16日主の日礼拝式メッセージ要約
聖書    サムエル記下第13章23〜39節 
メッセージ   『罪の結果』   
メッセンジャー  田中文人牧師

 今日の聖書箇所には、アブサロムが、妹タマルを辱められたことへの復讐をアムノンに果したことが書いてあります。ですが、ことは単純ではありませんでした。アブサロムはアムノンを従者に命じて殺害しましたが、それは、王位継承権が上位だった兄を亡きものにし、自分がその権利を奪う野望も絡んでいたのです。
 1.アブサロムの懇願:アムノンがタマルを辱めた大事件から2年後、アブサロムは羊の毛を刈る祝宴を開きました。そこへ、父ダビデも兄たちと一緒に出席してくれるように強く招きました。ですがダビデは、自分たちが出席するならば、息子アブサロムに様々な面で負担をかけることになると考え、断り、祝福だけしました。
 アブサロムは、父からこの様に断わられることは十分予想していた様です。そこで次に彼は、兄アムノンを他の兄弟たちと一緒に父の代りに来てくれるようにと、やはり強く招きました。この招きもダビデは、はじめのうちは渋っていましたが、ついに受け入れ、王子たちをアムノンと一緒に送り出しました。
 2.アムノンの殺害:計略はすべてアブサロムの思い通りに進みました。彼はアムノンが酒に酔って上機嫌の時に、従者たちに命じて打たせました。他の王子たちは、自分も殺されるのではと思い、急いでそれぞれのらばに乗り、エルサレムに逃げ帰りました。
 ダビデのところには、いち早く伝令が向かいましたが、王子全員がアブサロムに殺されたと、事実とは異なる情報が伝わりました。それを聞いていたヨナダブが、殺されたのはアムノンだけであること、アブサロムは2年前からこのことを計画し、時をうかがっていたことをダビデに説明しました。その直後、彼が告げた通り、他の王子たちがらばに乗って逃げ帰って来ました。
 3悲劇の原因:一つは、アブサロムの罪です。いくらアムノンへの憎しみが消えないといっても、聖書の原則は、「復讐してはならない。」(レビ19章18節)であり、「わたし(神)が報復し、報いをする」(申命32章35節)です。そのうえ王位継承権を奪う野望を果すための殺害でしたから、この罪は大変大きかったことになります。
 二つ目は、アムノンの罪です。タマルを傷つけ、兄弟の関係にもひびを入れたのですから、アムノンはイスラエルで最も愚かなことをしたことになります。
 三つ目はダビデです。これら家庭内騒動の大元の原因は、彼がバト・シェバとの間に犯した罪でした。アブサロムによるアムノン殺しも、「剣はとこしえにあなたの家から去らないであろう。」(サムエル下12章10節)とナタンの預言が実現したことと言えます。
 4.キリストの十字架の血による罪の赦し:この様に人が欲のままに振舞うならば、その行き着くところは「死」です。この死から買い戻してくださるためにイエスさまは十字架で死んでくださり、三日目に復活されました。私たちの内側にも憎悪や野望ほか様々な思いがあります。それを放っておくならば、行き着くところは、永遠に神様がおられない魂の「滅び」です。感謝のうちに救い主イエス・キリストを信じて罪の赦しをいただき、永遠の死から救われ、永遠の命に与りましょう。

 (参考聖書箇所:レビ19章18節、申命32章35節、ローマ6章17〜23節、〃12章19節)

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『罪の結果』  有明キリスト教会ブログ--今週の聖書の言葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる