有明キリスト教会ブログ--今週の聖書の言葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 『エルサレムの民に祝福された人たち』

<<   作成日時 : 2017/02/05 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2017年2月5日主の日礼拝式メッセージ要約
聖書    ネヘミヤ記第11章1〜36節
メッセージ  『エルサレムの民に祝福された人たち』
メッセンジャー  田中文人牧師

 良い条件と悪い方、選べるとするならば、どちらを選び取るでしょうか?わざわざ条件が悪い方を選択する人はなかなかいないかも知れません。ですが、聖書の原則によると、人の目や知恵では、どこから見ても悪いとしか思えない方に祝福が備えられていることもあります。大切なことは、神様が行く様に示しておられる方を選び取ることです。

 1.城壁修復終了直後のエルサレム:今から二千四百四十数年前のエルサレムには、人はあまり住んでいませんでした。神殿の再建も城壁の修復も民の内側の信仰回復も終わりましたが、肝腎のエルサレムに住む人が少数では、都という点でも神殿がある町という点でも相応しくありません。そこでネヘミヤは、当時御心を知るために用いられていたくじによって、移り住んで来る民を決めました。ですが、くじで神様からエルサレムに引っ越すように示されても、その通りには出来ない人たちもいたようです。それは、エルサレムでは、2.にある様な生活を覚悟しなくてはならなかったからです。ところが、その様な悪条件にもかかわらず、自ら進んで移住を申し出る人たちもあらわれました。

 2.エルサレムの生活状況:1)ユダヤ人以外の人たちが、エルサレムに住んでいる人たちに宗教的な理由から偏見を持っていたため、物の売り買いも思う様に出来ない状況でした。 2)エルサレムに家を建て直し、仕事もエルサレムでみつけなくてはなりませんでした。 3)神殿が近くなるので、エルサレムの外に住んでいる時よりも、より信仰深い生活が求められました。(以上、『ディボーショナル聖書注解』より)
 進んで移住を希望した人たちは、家族と一緒にそれまでの生活すべてを変える覚悟を決めて、申し出たのです。この決断は、既にエルサレムに住んでいた民たちから喜ばれ、祝福されました。神様ご自身も大きく祝福されました。

 3.救い主イエス・キリストを望み見て:私たちも、どこから見ても「悪条件」としか思えない方に進むように示されることもあります。その時は、イエスさまを思い出しましょう。イエスさまは、神様のもとから罪のこの世に、私たち人と同じ姿で来てくださいました。全人類を救い、天に迎え入れてくださるために、十字架の上で死なれました。私たちの身代りに神様から一旦完全に引き離される最大の苦しみまで味わい尽されました。その御ひとり子を神様は、十字架から三日目に死者の中から復活させられ、最大の課題である死にさえも勝利されました。
 このイエスさまが、いまも私たちと共にいてくださいます。助け主(ぬし)、聖霊を遣わし励まし、力を与えてくださいます。そこに信頼し、条件の良し悪しではなく、神様が行く様に示しておられる道を選び取ることを願い出ましょう。そこに必ず祝福があります。
 「父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願いどおりではなく、御心のままに。」(マタイ26章39節)

 (参考聖書箇所:詩編92編6節、使徒21章14節、フィリピ2章1〜11節)

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『エルサレムの民に祝福された人たち』  有明キリスト教会ブログ--今週の聖書の言葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる