有明キリスト教会ブログ--今週の聖書の言葉

アクセスカウンタ

zoom RSS 『大いなる喜びの城壁奉献礼拝』

<<   作成日時 : 2017/03/05 12:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2017年3月5日 主の日礼拝式メッセージ要約

聖書   ネヘミヤ記第12章27〜47節 
メッセージ 『大いなる喜びの城壁奉献礼拝』
メッセンジャー 田中文人牧師

 「キリスト教会の礼拝」と聞くとき、どの様なことを思うでしょうか?厳か、静か、畏れかしこむ等、緊張感のある事柄を思い浮べるのではないでしょうか?
 今日の聖書箇所には、エルサレムの城壁修復工事を終えた民が、感謝の内に、喜びの城壁奉献礼拝をしたことが書いてあります。ここから、私たちも喜びに満ち溢れる礼拝を献げてよいことがわかります。

 1.身を清めた奉仕者たち(27〜30節):礼拝の前に、エルサレム周辺に住んでいた詠唱者(聖歌隊)の奉仕者たちが、呼び集められました。そして、身を清めて礼拝奉仕の備えをしました。奉仕者だけでなく、他の民と城壁、城門も清めました。
 私たちも喜びの礼拝を献げるためには、身を清めることが大切です。示された罪は日々悔い改め、十字架の血による赦しをいただきましょう。内側が聖霊で満たされることが、何よりの清めであり、礼拝への備えです。

 2.聖歌隊による礼拝のリード(31〜43節):詠唱者たちによって、ふたつの聖歌隊が編成されました。これら二隊は、同じ場所から出発し、一隊は反時計回りに、もう一隊は時計回りに楽器と歌で讃美しながら神殿に向け、城壁の上を歩いていきました。エズラとネヘミヤは、それぞれの聖歌隊に加わりましたが、彼らではなく、詠唱者たちが先頭に立って進みました。そして、神殿に着くと、大いなる生贄を献げ、さらに喜びに満たされた礼拝を献げました。詠唱者たちは、この礼拝のリードにも当たりました。
 私たちの礼拝も、聖歌隊が導くならば、いま以上に喜びに満たされるのではないでしょうか?有明教会にはまだ聖歌隊はありません。いつか、聖歌隊が編成され、毎週の礼拝をリードするところを望み見、祈りはじめたいものです。

 3.十分の一を喜んで献げた民(44〜47節):喜びの奉献礼拝を献げた民は、祭司たちが神殿奉仕に専念出来るよう、倉に初物の収穫物等の十分の一を持って来ました。そして、祭司たちがこれらの献げ物で養われ、奉仕することを喜びました。祭司たちも、それらの献げ物の十分の一を献げました。その他、門の警備にも民は喜んで立つようになりました。
 いまの私たちにとっても十分の一献金は、決して小さな額ではありません。本気で献げようとするならば、犠牲が伴います。ですが、一ヶ月導かれたことを感謝し、喜んで神様から与えられたものの中からお返しする思いで献げるならば、主は大きく祝福してくださいます(マルコ10章の2レプトン銅貨を献げたやもめの記事も参照)。生活の必要も神様は満たしてくださいます。そこに信頼して、大胆に献げましょう。
 今週も、喜びの礼拝からそれぞれの一週間の生活に遣わされましょう。

 (参考聖書箇所:詩編51編12節、マルコ12章41〜44節、ヨハネ4章、フィリピ4章4〜7節)

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『大いなる喜びの城壁奉献礼拝』  有明キリスト教会ブログ--今週の聖書の言葉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる